スケジューリング能力

もう師走となりました。1年が経つのが本当に早く感じます。

営業で外回りをしてますと、よくお客さんから
「年末は忙しいんじゃないの?」
と、よく聞かれることがあります。

「全然、最近ではそうでもないですよ」

とは答えますが、しかし、研修や懇親会、勉強会、セミナー、当然ながら事故フォローなどなど、重なる時は特に重なるものなんですよね(汗)

ただ、そんな中でも自分たちが考えて集まる勉強会なんかは、月一で年間12コマある訳でもスケジュールが重なることは、数年やってきて一度もありません。

別にその2~3時間の時間によって、お客さんに迷惑を掛けることも一度もありませんし、この先も自信はあります。

月初の第一月曜に集まろうと、年間通して決めてるものですから、特に簡単なことかと思います。

それでも面白いもので、ほぼアポイントで来れない人がいることに、もう誰も疑うことを通り越して、そういう動きがそういう人の全てを語ってるんだろうなぁと、こういう記事も目に留まりました。

自ら、みんなそれぞれが集まることが自主的なことの集まりだからこそ、来れないなりの言い訳が、スケジューリング能力云々ではないところの、人間性に表れるように見えました。

義務や強制ではないのですからね。

業界の人たちに「ルーズ」と見られ、実際の現場やお客さんへの対応なんかも、「人」が表れているのではないでしょうか。

おそらく、数字へも表れていくものだと思っています。

「ルーズさ」は休み方にもよく表れています。

それはコミュニケーション能力の優劣なんでしょう。

同志に見透かされてるのですから、お客さんへはすぐに気付かれてしまいますね。

経験で埋めることができない要素、保険営業マンにとっては、相当、重要であると思います。

これもひとつ、学びです。

株式会社安田保険企画の最新情報をお届けします

個人/事業者/法人さま向けの保険のご相談を承っております

保険のご相談をお待ちしております