ロープレ実践研修

昨日は、保険会社の大阪 肥後橋のビルにて、

企業に提案、そして飛び込みができるようにセレクトされたメンバーが、滋賀、京都、奈良からと集まり、メンバーより多くの数のオブザーバーの方々と、みっちり、夕方まで実践ロープレ研修を受けてまいりました。

毎回、ビデオカメラでその様子を撮られています(汗)

今回で2回目。

ただし、この研修を受けることができるメンバーをセレクトされるセレクト研修を経て、この研修に来ることができています。

内容は、本当に最高な内容で、これはメンバーそれぞれの相当な武器になると思います。
なんとか最後まで受講でき、認定されたいですね。

そして、現在も進行中ですが、会社 300社にどんどんお声掛けしていっております。

少し前へ踏み出して感じたことは、自論になりますが「自動車保険は、必要な資格さえあれば誰でも簡単に売れる」。

この根拠ですが、

自動車保険は、お客さまが車を買われて、もし何かあったらいけないということで、賠償責任を先に心配し、保険を扱う方に相談しますよね。

必要だ!保険を掛けないと怖い!など、この時、既に相当な高い購入マインドが働いています。

そういった時に、自分の型?というよりも、もう世間一般的に掛けられている基本補償をオススメするのに、そんなに技術は要らないですよね?

例えば今日、納車されるなら納車までにどの形かは様々であっても、必ず入りますね。

そして、その1年後の保険の更新時期の継続手続きの際であっても、この時も全然、高い技術は要らないですよね。

また、たくさんの保険会社はありますが、毎年毎年、いろんなところへ移っていこうという人も、これもまたメジャーではありません。

その結果、継続率は何%になってますか??

といったことで、
やはり自動車保険をオススメする、説明するには、資格あれば誰でも簡単にできるという結論です。

少し極端な言い方になってしまってますが、ニーズ喚起が既にお客さま側でできあがってしまってますので。

ほぼ、対人、無制限、対物、無制限、人身傷害付きのケガの補償にしてますよね?
ココを削ってもほとんど変わらないですから。

ただ、若干、技術が要るのは、同居の世帯内での車が増える時、減る時なんかは、募集人のスキルでお客さまの損得が変わってきます。

そして、複数台の車をまとめて複数台の割引を使うまとめ方を知ってる知らないで、変わります。

唯一、当社が。
唯一、私が。
唯一、奈良県で

企業分野、団体制度の保険を普通の売り手にはできないことを、うちは特色を持って自社の価値にしたいなと、こう思ってます。

研修に参加でき、本当に感謝です。
やってみせます。

不安に思う保険代理業の行く末はありましたが、必ず淘汰されるでしょうから、ある意味、楽しみです。

株式会社安田保険企画の最新情報をお届けします

個人/事業者/法人さま向けの保険のご相談を承っております

保険のご相談をお待ちしております