エアコンメンテ

バタバタと過ぎた一週間でしたが、そんな時でも、こんなこともやってました。

「エアコンの吹き出し口から見える内部の掃除」

エアコン自体は、自動でお掃除をしてくれる機能なんかもついているようなんですが、

パッと目について気になったのが、

このような中で回っているところが、えらいことになっていたんです(汗)

少し前に専用のスプレーで掃除したんですが、こんなにも!という感じで、その前回の反省も踏まえ、今回は徹底的にキレイにしてやろうということで、掃除方法をいろいろ検索してみました。

まず、吹き出し口のルーバーを外して、掃除がしやすい環境を整えます。

先が細いハンディクリーナーなんかあると便利でした

あとは、ブラシ(歯ブラシでも可)、45リットルのゴミ袋、ラジオペンチ、エアコン専用洗浄スプレー、霧吹き(ノズルを回して直射できるような)、マスキングテープかテープ、ビニールの紐か普通の紐があれば、できるかと思います。

次は、内部洗浄する時に起こる洗浄液の落下をうまく集める方法も、こんな感じで、

45リットルのゴミ袋の横をスパッと切って開き、写真のように液だれしそうなところにテープで固定し、そして、下の三角の部分を少しだけカットします。

そこにビニールの紐を貼って下に垂らし、洗浄液を集めるゴミ箱を置くことで、全てそこに集めることが簡単にできました。

ブラシで、回転するフィンについているホコリを取り、ハンディクリーナーで吸い、一通りできると、

これで、勢いよく汚れも一緒に落としてくれます。今回は2缶使いましたが、正直、全然足りないと思います。足りないので結局、霧吹きの先を回して直射して、汚れを落としていきました。

こんな感じで見違えるようにキレイになりました。

あとはラジオペンチでルーバーを掴んで、キッチリ元にパチンとはめ込めば完成です。

あくまで自己責任の範囲で。

株式会社安田保険企画の最新情報をお届けします

個人/事業者/法人さま向けの保険のご相談を承っております

保険のご相談をお待ちしております