どこで入っても同じ?

よく

「自動車保険なんてどこで入っても保障は同じなんだから…」

こんなお客さまのお声を聞く機会があります。

お客さまの見方によれば、そういう見方の人もいるんだなと、少しだけその時は残念な気持ちになりますが、

しかし、

そういう風に見えがちな側面を見られてるのは、形がない商品(保険)にご加入いただいていて、証券記載の内容や約款に書かれていることが全てとなりますので、

いわゆる、◯◯賠償 : 無制限 といったようにこういった表記がある以上、その文字が全てで、これはどこで加入されても、同じ文字が証券に並ぶからだと考えられますね。

長年、現場を見ている立場からすると、「同じ」か「同じではないか」というところは、断定こそはしませんが、同じではないように思います。

なぜか? ですよね。

損害保険では、事故があった際に損害(人・物)を査定しなければいけないですよね。
その査定や認定は、保険会社がします。

査定ですから幅もある訳ですし、この幅も各社の査定部門が全て同じ見解なのかと言えば、同じではないと考えるのが現場で見えてる現実です。

これでもう感づいていただけましたか。

証券記載の文字通り、支払ってくれる保険会社は、これは当然のことながら、各社、文字通りの保障範囲内できちんと支払われていますが、

その損害額は、各保険会社の査定部門が査定しますので、そこには幅もある訳です。

例えがどうなのかといった一例で考えても、中古車や家を売りに出す時は、専門家に価格の査定をお願いするかと思いますが、いろんな会社によって提示される金額はバラバラですよね。

まとめますと、
どこで入っても保障が同じは同じでも、今回、お伝えした内容通り、全てが全くそうなのかと言われれば、そうだと言うのはそれは少し乱暴な意見かなとも思いますので、

保障は同じでも、額の認定には各社それぞれの見解、根拠があるのと同じで、幅がある以上、全く同じではないと考えるに至るところになります。

ご参考になれば幸いです。

株式会社安田保険企画の最新情報をお届けします

個人/事業者/法人さま向けの保険のご相談を承っております

保険のご相談をお待ちしております