Windows7更新データが多すぎて・・・

お客さまからのご相談を受け、ノートパソコンをお預かり。

さぁ、ノートパソコンを時間の合間、合間でいろいろ試しています。

今後のことも考えて、もうWindows7に載せ替えた方が早いなと思い、パソコンスペックも一応確認し、トライしてみました。

クリーンインストールをして、Cドライブを一度、キレイにし、ゼロの状態からです。

 

一度目は念の為に、バージョンアップしてみましたが、Cドライブの容量がもう既に75%程、使用された状態になってしまっていたので、これは今後のことを考え、Cドライブの容量がもたないなと思ったので、二度目にしてクリーンインストール。

そんなこんなで、Windows7が入りました!

が、毎回毎回分かってはいますが、更新データが200個以上とかこれが待ち疲れて、今回もまたかぁと思いながら、画面と向き合っていました。

 

WindowsUpdateから更新の確認ボタンを押し、さぁ何個出るかと待っていましたが「更新できませんでした」

 

再起動しようが、時間を空けようが、全くダメです(汗)

 

CPU使用率も100%のままで、なかなか大変です。これはたぶん、Windowsの更新を探している状態が続いているから?ではないかと判断。

 

スペックがもの足りないのかなぁ・・・、等々、いろいろと検討。

 

まぁ、でもここまで来て後戻りはしたくないので、手動で更新データをインストールしてみようかと考え、検索。

ありました。ここの情報を参考にして、チャレンジしました。

https://www.ikt-s.com/win7-200update-how-to-success/

「windows7リカバリー後200個超の更新を失敗させない方法」

 

まさしくそのままですよね(笑)

1.真っ先やるスタンドアローン4つ

・windows7 Service Pack1

・KB3138612

・Internet Explorer11

・.Net Framework 4.6.1

これを先にということで、「直接ダウンロードリンク」もありますし、データをUSBへ保存して、手こずっているノートPCへ。

動き出しました!!

これで、なんとかこれが終わるとノートパソコンが返せると思います。

株式会社安田保険企画の最新情報をお届けします

個人/事業者/法人さま向けの保険のご相談を承っております

保険のご相談をお待ちしております