保険ニュース 軽自動車の保険料

ご無沙汰していましたが、保険にまつわる情報発信です。

本日の日経新聞より以下のようなニュースが出ていました。

——————————————————
「軽」保険料 事故率で変動
18年にも導入 最大で2倍の差

2016/2/14 3:30 朝刊

損害保険各社は自動車保険(総合・経済面きょうのことば)の保険料に車種ごとの事故率を反映させる仕組みを軽自動車にも導入する方針だ。軽の保険料率は現 在は車種に関係なく決まるが、新たな料率は最大で2倍程度の差をつける。自動ブレーキの搭載車の保険料を10%前後安くする制度も乗用車を含めて導入す る。

損保各社でつくる損害保険料率算出機構と日本自動車工業会が詰めの協議をしており、月内に合意する見通し。2018年をめどに導入する。

自動車は車種によって事故や盗難に遭う確率が異なり、事故後の修理費にも差が出やすい。乗用車には型式ごとの損害率を保険料に反映させる制度を01年に導入済み。損保業界は軽自動車にも導入するよう自工会に呼びかけてきた。

調整案では軽自動車の料率を5つ程度に分ける。同じ年齢の人が初めて自動車保険に入る場合、車の型式によって保険料に最大2倍程度の差が出る計算。スポーツタイプの車などは保険料が上がる可能性がある。

今の軽の保険料は平均で年4万~5万円程度。新料率では1万円前後の増減があるとの指摘がある。販売に影響が出るとして難色を示していた軽自動車業界も自動ブレーキ割引の導入を条件に受け入れに傾いた。

——————————————————

最近は、軽自動車の保険料が毎年毎年上がっている感は感じております。

車種に応じて事故率を反映させて、それぞれの保険料が細分化されるのは、大賛成です。

今では、
「自家用軽四輪乗用車」
「自家用軽四輪貨物車」
とこの区分でざっと保険料が出ます。

ニュースでは2018年からということで、まだ少しだけ先ではありますが、期待できる保険の情報ですね。

株式会社安田保険企画の最新情報をお届けします

個人/事業者/法人さま向けの保険のご相談を承っております

保険のご相談をお待ちしております