プリウスが自動車盗難1位に‼

奈良の保険の情報発信コミュニティNextStage、5月の情報発信からの転載分です。
『プリウスが自動車盗難1位に‼』
損保協会【自動車盗難事故実態調査】

損保協会ではさきごろ『第16回自動車盗難事故実態調査』の結果を発表した。これは昨年11月に保険金を支払った事案(自動車盗難372件、車上狙い・部品盗難626件)を対象に自動車盗難事故実態調査を行ったもの。
⚫️自動車盗難
車種別では、2007年調査から7年連続ワースト1位だったハイエースの被害が前年148件から40件に大きく減少した。ハイエースは2012年5月発売 モデルから盗難防止装置であるイモビライザーが全車標準装備されている。プリウスは前年と同数の70件だったが、ハイエースの大幅減少でワースト1位と なった。このほか、アクアが前年の6件から23件に増加しワースト4位に入った。
アクアのように盗難防止性能が高められている最新車種でも被害に遭わないとは言い切れず、人気車種は窃盗犯に狙われるリスクも高いため、バー式ハンドルロックやセンサー式警報装置などを活用し自己防衛を行う必要があるとしている。
⚫️車上狙い・部品盗難
カーナビの被害割合が前年の26.4%から10.9%に大きく減少。その一方でバッグ類外装部品(バンパー・ドアミラー等)、タイヤ、ホイールなどの被害品の割合が増加した。
駐車場選びとして
①明るく見通しが良い。
②防犯カメラが設置され、場内に死角がない。
③夜間でも明るい照明やセンサーライトが設置されている。
④出入り口にゲートが設置されており、関係車両以外は侵入できない。
を重要ポイントに挙げている。
自動車盗難 車種別盗難状況
1位 プリウス 70件
2位 ハイエース 40件
3位 ランドクルーザー 39件
4位 アクア 23件
5位 セルシオ 17件
車両保険を付帯すれば盗難のリスクがカバーされます。是非一度ご確認下さい。

ご不明、ご心配な点などございましたら、お気軽にNext Stageメンバーまでお問い合わせ下さい。

(Nextメンバー 有限会社サンウッズ 荻野 学さん発信)

株式会社安田保険企画の最新情報をお届けします

個人/事業者/法人さま向けの保険のご相談を承っております

保険のご相談をお待ちしております