豪雨による被害

おはようございます。

広島県を中心とした大雨、豪雨、土砂崩れにより被害を受けられた皆様に、
お見舞い申し上げます。

豪雨による土砂崩れが各地で発生しており、これらの災害は保険でどうなの?といったところの疑問に答えます。

Q.豪雨による土砂崩れは、火災保険の保険金支払いの対象となりますか?

A.水災を補償する火災保険で支払い対象となる場合があります。
豪雨による土砂崩れの損害は、「水災」を補償する火災保険で一定のお支払いの条件を満たした場合、保険金のお支払い対象となります。

※建物外部からの物体の飛来や破損・汚損といった保障では補償されません。

[概要]
豪雨による土砂崩れ等の水災によって保険の対象に損害を受け、その損害割合が30%以上の場合や床上浸水(一般物件の場合等は地盤面より45cmを超える浸水)を被った場合に保険金が支払われます。
お支払いする保険金の額は、各社、保険種類や契約内容、損害の状況ごとに異なり、実損払いの場合と、保険金額に一定率を乗じた金額を支払う場合があります。
詳しくは、お取り扱い保険代理店、保険会社までお問い合わせ下さい。

ご契約プラン、セットされる特約によっては補償対象外の場合もございます。
わからない場合は証券に記載の保険代理店または、保険会社へご確認ください。

株式会社安田保険企画の最新情報をお届けします

個人/事業者/法人さま向けの保険のご相談を承っております

保険のご相談をお待ちしております