通販型と代理店型

こんなニュースが出ていました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181024-00000531-san-bus_all

通販型が解禁されてもう20年なんですね。そして、当初では30%ほど通販型へ流れると言われていたものが、20年経ち、伸び悩みのニュースが流れ出し、まだシェアは8%ほどです。

あまりYahoo!コメントは見ることはなかったのですが、このニュースのコメントを引用させていただきます。

 

私ども代理店型をどう見られているのか、というところも逆に参考になるコメントが見られました。

車が減っていく、人口が減っていく、自動運転の技術のスピードが速く、どんどん一定の割合程度までは自動運転の車が増え、そもそも事故が起こらない、事故が減るということて保険料は安くなる、または責任の所在によってはユーザーが保険に入らなくてもよくなるなどなど、通販型も代理店型の大手保険会社も、明るい未来では今のところ、ないといったことは共通しているのではないでしょうか。

 

それこそ保険会社が昔から代理店と共に歩んできた長い歴史が、これから、一気にガラッと変わる時代になるのかもしれませんね。

保険会社からも選ばれる代理店にならないといけないと思います。現制度が一定程度残る限り。

 

いつまでもお客さまを保険でお守りする重要な役割を果たし続けるために、残れる代理店としても頑張りたいと思います。

株式会社安田保険企画の最新情報をお届けします

個人/事業者/法人さま向けの保険のご相談を承っております

保険のご相談をお待ちしております